OTセキュリティ マガジン

~製造業・工場のセキュリティ対策のすべてがわかる~

OTセキュリティ対策の進め方を3ステップで解説

画面を見つめる工場管理者

「工場のサイバーセキュリティ対策」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。これまで、外部ネットワークに接続されていない工場のシステムは、サイバー攻撃の対象にはなりにくいと考えられていました。工場におけるセキュリティ対策は、内部にいる人間がシステムを侵害していないか、あるいは外部から持ち込まれたUSBメモリなどの記憶媒体や保守端末にウイルスが含まれていないかを監視していれば十分だったのです。

もっと見る

OTセキュリティ対策は現状把握と評価から始める

複数人で画面を見つめる工場関係者

「工場の現状把握と評価」というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。昨今、工場に求められている現状把握とは、生産ラインの稼働率や不良品の有無を確認するだけではありません。OTシステム(工場の制御システム)へのサイバー攻撃のリスクが増大しているため、情報セキュリティの観点から現状把握と評価を行う必要性が増しています。

もっと見る

OTセキュリティ対策における資産台帳の重要性を解説

工場の景色の画像

工場の資産とは、どのようなものだと思いますか?本コラムで取り上げる工場の資産は、経理目線での固定資産という意味ではなく、OTシステム(工場の制御システム)の構成要素のことです。ネットワーク機器やサーバー、PCなどはもちろん、生産ラインの機器や自動搬送装置(AGV)なども含まれます。また、OSやソフトウェアも資産です。工場をサイバー攻撃から守るためのOTセキュリティ対策において、こうした資産を一覧化して管理することは非常に重要です。

もっと見る

OTセキュリティのインシデント:サイバー攻撃で工場が数日間生産停止

画面を見つめる工場管理者

近年では工場のDX化が推進され、OTシステムと情報システム(IT)の連携や、OTシステムにおけるクラウドサービスの利用が増えています。また、リモートワークの浸透により、OTシステムでもリモート接続による保守作業が行われるようになりました。このように、OT環境が外部に向けて開かれるようになったことで、工場におけるサイバー攻撃のリスクが増大しています。しかし、ITセキュリティ対策と比較すると、OTセキュリティ対策は進んでいない企業が多いのが実情です。

もっと見る

OTセキュリティ簡易診断から始めるサイバーセキュリティ対策

機械を前に話し合う従業員

近年はIoT化やスマートファクトリー化の流れの中で、OTシステム(工場の制御システム)が直接、もしくは連携している情報システム(IT)を介して外部ネットワークに接続されるようになり、サイバー攻撃のリスクが増大しています。OTシステムがサイバー攻撃を受けた場合の被害は甚大で、作業員の安全が脅かされる可能性や、生産活動そのものが重大なダメージを受ける可能性もあります。

もっと見る

工場の安全対策で多くの企業が見落としている点を解説

画面に囲まれ佇む工場管理者

工場の管理者にとって、絶対に避けたい事態とは何でしょうか?多くの方が、意図せぬ品質不良や労災事故、操業停止などを思い浮かべるのではないでしょうか。安全対策として、5S、KYT、ヒヤリハット活動などに取り組んでいる企業も少なくありません。しかし近年、工場に求められる安全対策が変わりつつあります。そのため、多くの企業で、一部の重要な安全対策が見落とされ、手つかずになっています。このまま放置すれば、深刻な事故にも発展しかねません。「見落とされている安全対策」とは、いったいどのようなものでしょうか?本コラムでは、工場の安全対策を強化したい方、より万全な安全対策を知りたい方に向けて、これからの時代に不可欠な工場の安全対策を解説します。

もっと見る

工場DXが招いたサイバー攻撃(前編)

DX化された工場の様

近年では企業のオフィスだけでなく、工場のような生産現場においても、業務効率化のためにDXを推進する動きが活発です。本来、工場DXとOTセキュリティ対策は両輪で進めるべきですが、OTセキュリティ対策に関しては優先度が低いと考えている企業も少なくありません。本コラムでは工場DXを推進していた製造業B社のケースを紹介します。B社では、ある日突然、工場の機器が一斉に停止しました。前編では、操業停止から再開までの3週間に起こったことと、その影響について説明します。

もっと見る

工場DXが招いたサイバー攻撃(後編)

DX化された工場の様

DXを推進した製造業B社の工場で起こったサイバーインシデントを解説するコラムの後編です。前編では、サイバー攻撃によって工場の機器が停止してから復旧するまでの3週間を追跡。業務や企業価値にどのような影響があったのか説明しました。

もっと見る
OTセキュリティ実現への最初の一歩
OTセキュリティ実現への
最初の一歩

We value your privacy.

We use cookies to enhance your browsing experience, serve personalized content, and analyze our traffic. By clicking "Accept", you consent to our use of cookies. Read More